品質基準

当社では、原状回復のための表面的な修繕・営繕、不具合個所への部分的な対処だけでなく、機能・価値の再生のための改修や、住みやすさ、暮らしやすさを考えた包括的な改修を「リノベーション」としています。そして、社団法人リノベーション住宅推進協議会の技術基準を採用し、品質確保と情報開示、保証による優良なリノベーション住宅の提供を行っています。

建物躯体について

築年数を経た建物である以上、ご購入される皆様には建物躯体の劣化や耐震性能に対する不安があるかと思います。この点については、LIXILリアルティが取扱う物件は全て1981年の新耐震設計基準によって建てられた建物で、新築時の建築基準法を遵法している建物であることが確認できた建物を厳選しています。

リノベーションの基本方針

LIXILリアルティでは既存のマンション住戸をリノベーションする場合、経年劣化によって本来の機能が失なわれている部分は、部材交換を行いますが、それ以外についてはそのまま継続使用することを基本としています。また、立地条件に対して間取りを検討し直し必要に応じて変更を行います。
これは、「無駄な出費による物件価格の値上がりは購入者にとってメリットがない」と考えるからです。
勿論、部材や機器類が既存利用できるか否かは、一定の検査を行った上で判断しますし、交換した場合にも検査を行って、機能に問題が無いかを確認します。

検査・判断基準(重要インフラ部分の品質基準)

重要インフラ部分の検査・判断基準は「リノベーション住宅推進協議会」の検査方法・適合基準に準拠して行います。
具体的には、給水管・給湯管・排水管の漏水、ガス管のガス漏れ、電気配線・分電盤・情報系配線(弱電)の通電・漏電・作動確認、換気設備の作動確認、火災報知器の作動確認、内装下地の強度確認、各設備機器類の作動確認を検査基準に従って確認を行います。
検査確認結果は「R1住宅適合状況報告書」として提出させていただきます。

 

●リノベーション協議会のR1住宅検査ガイドブック⇒ pdf

保証

保証については、「リノベーション住宅推進協議会」のアフターサービス基準に準拠した項目と内容に沿って、引渡し後2年間の保証を行います。

住宅履歴情報

販売物件の住宅履歴情報を買主様へご提供いたします。
専用サイトへアクセスするためのID・PWをお渡しいたします。